男性の抜け毛の原因は?ホルモンだけなのか

薄毛の原因は男性ホルモン」と言う噂がありますがなぜそのように言われているのでしょう。
男性ホルモンが多い=ハゲていると言われるのかその原因について見ていきましょう。

ジヒドロテストステロンで薄毛に
男性型脱毛症いわゆるAGAの特徴的な症状は頭頂部の毛が薄くなる、生え際が後退して広くなるというものなどがあります。

このAGAの原因として挙げられるのがジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれる男性ホルモンです。
このジヒドロテストステロンは毛乳頭の受容体と結合します。

そうすることで毛母細胞の活動を低下させ、さらには髪の毛が成長する前に抜ける原因となるのです。
さらに、抜け替わるたびに毛がだんだん細くなることで頭皮が薄くなっていきます。

男性ホルモンが活発になると薄毛、および抜け毛が進行するというのは本当だったということになります。
だからといって男性ホルモンが少なくなればいいというものではないので、そこには難しい問題が横たわっているようです。

男性ホルモンの働き

男性ホルモンは「アンドロゲン」とも呼ばれています。
女性ホルモンなどと同様にコレステロールをもとにして作られるステロイドホルモンなのです。
男性ホルモンは男性生殖器の発育や機能を促進して、二次性徴を発現させる作用を持つ物質で、テストステロン、アンドロステンジオン、アンドロステンジオール、ジヒドロテストステロン、ジヒドロエピアンドロステロンなどがあります。

ジヒドロテストステロン
テストステロンをもとに、多くは精巣外の細胞で作られています。
脳や精上皮、前立せん、毛嚢などに受容体があります。
効果はテストステロンの3~5倍程度あって、薄毛や前立腺肥大の原因であると考えられています。
俗に悪玉男性ホルモンと呼ばれることがあります。

しかし、このジヒドロテストステロンは、男性機能や認知機能などの維持には欠かせない男性ホルモンです。
薄毛対策と言ってジヒドロテストステロン(DHT)を減らすような薬やサプリメントを長期間服用すると、認知症になりやすくなったり、精子数や性欲の減少につながります。
さらに少なくなると女性化してしまうなどの心配も出てくるのです。

実は、男性ホルモンは女性にも分泌されています。
男性だけでなく女性の認知症やロコモティブシンドローム、寝たきりなどにも関わっていることが最近の研究で分かってきています。

女性ホルモンの働き

そもそも「ホルモン」とはなんでしょうか。
身体の中で作られている物質で、体内の臓器を調節したり管理したりする少量の物質のことをホルモンと呼んでいます。

ホルモンというと、何となく実体がないもののように思われがちですが、実際に血中を流れている物体です。
名前は似ていますが、体外に放出されて繁殖期などに役割を果たす「フェロモン」とは別のものなのです。

女性ホルモンとして有名なのは、卵巣で作られる以下の2つです。
・卵胞ホルモン(エストロゲン)
・黄体ホルモン(プロゲステロン)

この2つには月経周期や妊娠をコントロールする大切な役割があります。
さらにこの2つの女性ホルモン分泌をコントロールするのが、脳内の「視床下部」と「下垂体」という部分です。

これらの部位はいわばホルモン分泌の司令塔と呼ばれていて、ここから卵巣に「このホルモンを出せ」と指令が送られることで、卵巣からホルモンが出されるのです。
女性ホルモンを正しく理解すると、美容にも役立てることができます。

例えばダイエットを始める場合では、月経後~排卵までの低温期がオススメです。
これは卵巣内で赤ちゃんの元である卵胞が成熟する時期で、エストロゲンが徐々に増加してくるため新陳代謝が活発になり、一般的に女性にとって調子の良い時期になるからです。

AGAとホルモンの関係

AGAはホルモンバランスによって引き起こされやすいと考えられています。
抜け毛の本数が増えて薄毛の症状が悪化していくというメカニズムとなっているのです。

男性ホルモンのテストステロンと酵素の5α-リダクターゼがアンドロゲンレセプターと呼ばれる毛乳頭の内部で結び付き、受容体と結合してジヒドロテストステロン(DHT)が産生されて強力な発毛の抑制作用が引き起こされます。

つまり、DHTが多いというのは男性ホルモンバランスが崩れた状態です。
ですから、生活習慣の乱れによってAGAを発症するわけではないのです。
もちろん、精神的なストレスを解消したり、食生活の乱れなどを改善したりすれば強い髪の毛が育つようになります。

多少なりとも抜け毛を抑えることはできるのです。
それでも、根本的にはホルモンバランスの影響を受けるため、生活習慣を改善してもAGAの進行を食い止めることはできないのが実情です。

また、AGAを引き起こしやすいかどうかは遺伝によって左右されやすく、5α-リダクターゼの酵素活性とアンドロゲンレセプターの感受性によって薄毛になりやすいかどうかが決まるのです。

「くせ毛の人はハゲやすい」「頭皮が脂っぽい人はハゲやすい」という噂が言われています。
基本的には、これらに関係性はありません。

ホルモンバランスの乱れを解消するためにはDHTの産生量を抑えなければならず、5α-リダクターゼの働きを抑えてDHTの産生を阻害してくれるAGA治療薬のプロペシアが適しています。

ホルモンバランスを整える方法

男性が引き起こすAGAだけではなく、女性の薄毛もホルモンバランスと大きな関係性があります。
薄毛改善と最も関係の深い女性ホルモンがエストロゲンで、毛髪の成長期を持続させて髪の毛を発達させるという働きを持ち合わせています。

このエストロゲンは更年期や過度のダイエット、精神的なストレスによって減少しやすいものです。
ホルモンバランスが乱れた女性は髪の毛の成長期が短く、休止期が長くなるので抜け毛が引き起こされやすくなります。

ホルモンに関わる器官の視床下部と脳下垂体は精神的なストレスの影響を受けやすいです。
特に、更年期の女性ではなくても強いストレス下に晒された状態を維持すれば、ホルモンバランスが乱れて抜け毛や薄毛の症状は悪化しやすいので注意した方が良いでしょう。

ホルモンバランスの崩れによって髪の毛だけではなく、ニキビやシミといった肌荒れ、イライラ感や不安感、頭痛や肩こりといった症状で悩まされやすくなります。

女性にとってエストロゲンは非常に重要な存在です。
規則正しい生活を送ってホルモンバランスがなるべく乱れないようなケアを心掛けてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です