急に増えたフケには危険が潜んでいる可能性が!ケア方法をご紹介

フケが大量に発生すると気になるのは誰でも同じです。
自分で気になるどころか周囲からの目も気になってしまいます。

そのため、フケを取りたい気持ちから一日に何度もシャンプーを繰り返してしまいがちとなります。

確かに、シャンプーをすると、頭皮はすっきりして、髪に付着していたフケもきれいに除去することができます。

しかし、フケが気になるからとシャンプーをし過ぎるのは実はNGなのです。
頭の洗い過ぎは、かえってフケの大量発生を招いてしまう可能性があるのです。

フケで悩む人にとって、できるだけフケの原因となる皮脂を取り除きたいと思うものです。
それでも、皮脂には雑菌の侵入を防いだり、地肌を保湿したりする役割があります。

つまり、シャンプーをすればするほど、本来あるべき皮脂までもが除去されてしまい、そのせいで地肌は乾燥してしまうのです。

その結果フケが発生しやすくなります。

フケを抑えるためには、シャンプーで頭皮を清潔に保つことがとても大切ですが、もし今、一日に何度もシャンプーをしているなら、まずはシャンプーを控えるようにしましょう。

適切なシャンプーの頻度は、一日一回です。

 

フケと薄毛の関係

シャンプーはすれば終わりではありません。
実はその後の頭のケアも大事なのです。

せっかく正しくシャンプーを行ってみても、洗いっぱなしにしておくと、フケの原因になるマラセチア菌を増殖させてしまいます。

マラセチア菌は頭皮に棲みつくカビの一種です。増えると頭皮にダメージを与え、フケの症状を悪化させるのです。

そのため、シャンプー後は清潔なタオルで髪や頭皮の水分を取りましょう。
そして、ドライヤーでしっかりと乾かします。

ただし、頭皮を過度に乾燥させると、乾燥が原因でフケが発生する場合もあります。
ドライヤーの風は直接頭皮に当たらないように注意しながら乾かすことが大切です。

また、フケが大量に出てしまう原因として皮脂の過剰分泌があります。
その皮脂の過剰分泌が頭皮にいる常在菌のマラセチア菌を一気に増殖させてしまうのです。

そして、頭皮の炎症を起こして頭皮環境を悪くしてしまいフケが発生すると同時に頭皮が痒くなってきます。
この頭皮環境を悪くしてしまうと頭皮の血行も悪くなっていってしまって、髪の毛に十分な栄養を与えることが出来なくなってしまって薄毛へと繋がっていってしまうのです。

皮脂の過剰分泌や頭皮の乾燥血行不良というのは薄毛の天敵です。
フケが大量に出てしまって痒いだけでもイヤなのですが、大事な髪の毛まで薄く細くなっていってしまうと大変なことになってしまいます。

フケの大量発生によって薄毛が増えてしまい、それが原因となって抜け毛へと発展していってしまわないようにするには、頭皮環境を治して改善していくことが大事になってくるのです。

 

フケはシャンプーを変えると治まることが多い

フケの発生は、使用するシャンプーが原因になっていることも考えられます。
とくに、しっかりとフケや皮脂を取り除きたいと思うと、洗浄力の強いシャンプーを使いがちになってしまいます。

それはかなり要注意といえるのです。
過剰な刺激によって頭皮や髪にダメージを与えてしまい、フケの発生を加速させている可能性があるのです。

フケの発生を抑えるなら、低刺激のシャンプーを選ぶようにしましょう。シャンプーは、洗浄成分によって「石鹸系」「高級アルコール系」「アミノ酸系」の3種類に分類されます

この中で、髪や頭皮に刺激の少ないアミノ酸系シャンプーに変えましょう。
アミノ酸系シャンプーの洗浄力は石鹸系や高級アルコール系に比べるとやや落ちます。

しかし、毎日使用しても髪や頭皮の健康を損なわないメリットがあるのです。
シャンプーはパッケージを見ただけでは洗浄成分の違いを判断することは難しいのですが、ボトル裏の成分表を見えればすぐに判断できます。

成分表示名をチェックしておき、アミノ酸系に該当する成分を含むシャンプーを選ぶようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です